header_left

パピーミルの実態とは?

ホームプロフィールお問合せサイトマップ
header_right
menu_bn nospace law

トイプードル・ティーカッププードルレッド専門ブリーダー
トイプードル ハニー

(株)グランジュネッス
〒739-0646
広島県大竹市栗谷町大栗林302-1
TEL: 0827-56-0710
FAX : 0827-93-5279
msg toy@poodle1.net

ご見学は必ずご予約を!
営業時間 10:00〜21:00
土・日・祝日O.K
MAP(地図)

under card

ご利用方法はこちら↓

paypal under notitle

他サイトの可愛いトイプードル・ティーカッププードル
ティーカッププードル人気ランキング
トイプードル人気ランキング

space_s

自社関連サイト

犬 ブリーダー 子犬販売(ハニーわん)

犬 ブリーダー 子犬販売(ハニーわん)

トイプードル ブリーダー
トイプードル ブリーダー ブログ

イングリッシュコッカースパニエル.jp
イングリッシュコッカースパニエル.jp

イングリッシュコッカースパニエル
イングリッシュコッカースパニエル

under

  >  パピーミルの実態とは?

パピーミルの実態とは?


パピーミルとは、子犬を生み出す工場です。


パピーミルとは、ブリーダーとは名ばかりの、子犬を生み出す工場のようなところです。

たくさんのケージが積み重ねられ、その中で母犬が子犬を育てています。
母犬と子犬のケージの中には、排泄物がそのままの状態だったりすることもあります。
庭で遊ぶこともなく、ケージの中だけで生涯を終える母犬もいます。


そんな母犬から生まれた子犬達は、まだまだ、母犬と一緒にいなければいけない大切な時期に、
長い道のりをトラックに載せられ、オークション会場に連れて行かれます。

オークションとは、一山いくら的な感覚で子犬を売買するシステムです。
魚市場などと同じ形態です。

子犬は一山いくら的な感覚のオークションで、ペットショップやブローカー(仲買人)に落札され、
ショップのショーケースに展示されます。


直接ペットショップと契約する繁殖者も多く、オークションを経ず
直接ペットショップに販売される子犬も多いですが
いずれにしても、子犬は生後35日くらいに母犬から離され、母乳も十分でないまま
フードも制限されながら成長しなければいけないのです。

動物愛護法で規定ができても、しっかりとした罰則が定められていないこともあり
現実は少しも変わっていないのが実情だと思います。

Page Top



あなたの近くに存在するパピーミル


パピーミルなんて縁もゆかりもないと思っておられませんか?

最近ではインターネットの発達により、
子犬仲介サイトが進化してできたブリーダーズサイトに
実はそのパピーミルが、子犬を登録し販売していることに気付かれる方が
どれ程いらっしゃることでしょうか?

子犬お迎え後の健康保証も付き、
そういったサイトに掲載されている子犬なのだから安心だと考え
何も知らないまま、パピーミルの子犬を迎える方が多いであろう現実に愕きを隠せません。


パピーミルの子犬が悪い訳ではないのです。
生まれてきた子犬には、何の罪もありません。
必ずや、幸せになってもらいたいです。

パピーミルといわれる繁殖者の犬の扱い方や犬に対する考え方について
多くの人に知っていただきたいと思うのです。


先程も触れましたが、ほとんどの親犬たちはケージの中で一生を終わります。
排泄物の処理をしてもらえる子は、まだ幸せです。

一月に何頭も子犬が生まれるのですから、
親犬の数は、その数倍から数十倍いなければ、そのような出産はありえません。

普通に考えれば、そんな多くの犬達のお世話をするためには、
多くの人が必要だと思いますよね。

しかし、人件費を上げて利益が出るほど、甘い世界ではありません。
自ずと一人に多くの負担がのしかかる訳です。


ワンちゃんは自分ひとりでは、何もできません。
一日のうちに何度もオシッコやウンチをします。

フードを与え器を片付け、何度かウンチを取りに行けば、
数10頭いるだけでも、一日中お世話に追われます。

ウンチのお世話が大変だし、経費節減にもなるからといって、
フードの量を制限され、栄養状態の悪い親犬達もいると思います。

いずれにしても、ワンちゃんの数が多ければ多いほど、
お世話が手薄になってくるのは当然です。


そのうちケージの中はオシッコやウンチにまみれ、悪臭が立ちこめます。
子犬はその中で、栄養状態の悪い母犬の母乳を飲み育ちます。

それがパピーミルです。

そこには、愛らしい子犬とはほど遠い、
子犬生産工場の部品の一部として存在するしかない、
ほんとうに悲しい親犬達の現実があります。

Page Top



犬の幸せを本気で考えませんか?


お手頃なお値段だから、それが決め手で子犬を迎えられる方は多いと思います。

しかし、そういった視点で子犬を迎え入れた結果、
知らずしてパピーミルから迎え入れる結末となり、
パピーミルの存在を認め評価することになってしまう現実に気付いてほしいのです。


それがいけないとは誰にも言えません。

ただ、家族の一員となるその可愛い子犬の親犬達は、
その裏で生き地獄のような悲しい生涯を送るであろうことを
現実として知っていただきたいのです。


全てのワンちゃんが本当に幸せな生涯を送れるように
犬を売る側も買う側も、犬に関わる人全てが本気でそのように思わなければ、
犬の幸せなんてありえないと思います。

(※ 犬を売る側買う側という表現には、
抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、それが現実そのものです。)


嫌なこと悲しいことは、見たくない知りたくないという方も多いと思います。
しかし、その裏では犠牲になる犬達の現実があることを、
全ての方に知っていただきたいと強く思います。



Bシリアスブリーダーの定義

Page Top